ホーム>サービス>契約・課金管理システムAXLGEAR

契約・課金管理システム AXLGEAR (アクセルギア)

概要

AXLGEAR(アクセルギア)ロゴ

サブスクリプションモデルのサービスを管理するプラットフォームです。
サブスクリプションモデルにおける一連の業務に対して如何に人手を掛けずにサービスをご利用頂くお客様にご満足頂くか。さらには、如何に人手を掛けずにサービスをご利用頂くお客様を増やしていくか。これまでの仕組みには無い売上拡大(新規獲得・利用継続・アップセル)、利益最大化(営業、業務、サービス、管理のコスト削減)の要素がサブスクリプション型のサービスには必要です。それを実現する為の機能を実装しているのがAXLGEARです。

特徴

Subscription life cycle management(契約管理)

Subscription life cycle management(契約管理)

サブスクリプション型サービスは、従来のモノ売り型のビジネスモデルとは違い、お客様にご注文頂き、サービスを利用開始してもらうだけで終わりではありません。お客様に満足してサービスを継続して利用し続けて頂く事、更にはライセンス追加やオプション追加などのアップセルにつなげていく事が必要になってきます。そのためには、お客様のサービス利用状況をリアルタイムに把握し、状況を分析し、適切なタイミングで適切な提案をする事が必要不可欠です。AXLGEARは、お客さまのサービス利用ライフサイクルの一元管理を実現します。

Self management(セルフサービス)

Self management(セルフサービス)

AXLGEARを使えば、プロバイダーだけでなくお客様やリセラーも専用の管理画面を通じてリアルタイムに契約状況や利用状況を把握することが可能になります。これにより、自分でいつでも見積取得や注文、ライセンス・プランの変更などが容易にできるようなりお客様、リセラーが安心してサービスを利用できるよう利便性が高まります。更にはサービス提供側にとってもお客様への情報発信頻度を上げていく事で(例えばメンテナンスや機能アップ等の迅速な通知はもちろん、オプション機能のリリースや、そのサービスを使って頂くメリットの訴求等の情報提供)様々な訴求を行う事でアップセルに繋げていく事が大切になります。お客様、リセラーが自らこれらの業務を行うことで、人を介したやり取り時に発生するミスが軽減され、結果的には、プロバイダーの社内業務工数の削減にもつながります。

Automation(自動化)

Automation(自動化)

サブスクリプション型サービスでは、お客様に迅速にサービス提供が行われることが重要です。トライアルを申し込んだが、提供するまで日数がかかりお客様が使い始めるころには熱が下がっているとうことも多いです。そのようなことを防ぐために、社内のワークフローを自動化やサービス提供の自動化を実行することにより、サービス提供を迅速に行え、お客様満足度が高まるだけでなく、人的ミス、サービス提供時の作業ミスを削減、さらにはサービス提供業務の工数削減につながります。AXLGEARは、ワークフローのオートメーション、自動プロビジョニグなど各種オートメーション機能を実装しています。

System relations(システム連携)

System relations(システム連携)

社内にはサブスクリプション型サービスを管理をする仕組み以外にもSFA、CRMに代表される顧客管理システムや会計・債権管理システム、お客様からのお問合せを管理するサポートシステム等…様々なシステムがあると思われますが、各システムで管理をしていると情報を管理する工数が掛かりますし、ミスを発生しやすくなり、更にはリアルタイム性が損なわれ機会損失につながりかねません。システム間連携をすることにより関連情報の一元管理、次の一手が即座に打つことが可能になります。AXLGEARは、各システムとの連携項目を用意し、システム連係APIを実装しておりシステム間連携を実現します。

AXLGEAR特設サイト

AXLBOX(アクセルボックス)Webサイト

AXLGEARの詳細情報は特設サイトでご覧いただけます。

AXLGEARの詳細サイトはこちらから。